知って得する行政サービス情報サイト

行政ドットコム

小児弱視等の治療用眼鏡等にかかる療養費

9歳未満の小児が,弱視・斜視及び先天白内障術後の屈折矯正等の治療用として,医師の指示により,治療用眼鏡やコンタクトレンズを作成した場合には、療養費の請求ができます。

支給額:
治療用眼鏡 38,461円(上限)
コンタクトレンズ1枚 16,139円(上限)
※支給額の上限は8割もしくは7割の額

更新・修理等について:
眼鏡等を更新した場合は前回支給対象の眼鏡等の装着期間が5歳未満で1年以上、5歳以上は2年以上ある場合のみ、支給対象となります。
また、耐用年数期間内の紛失・破損等による修理及び再作成や斜視の矯正等に用いるアイパッチやフレネル膜プリズムについては、支給の対象となりません。
本サービス一覧に戻る

次項有トップに戻る

病院病院を探す
都内お近くの病院を見つけることができます。
家育児・教育施設を探す
お近くの育児、教育施設を見つけることができます。
車椅子介護・高齢者施設を探す
お近くの施設を見つけることができます。

1ぴったり検索
利用出来る行政サービスの多い順にランキングでご紹介
2地域別行政サービス検索
都内地域別に行政サービスをご紹介
3行政用語集
意味の分からない言葉や用語の解説です
メモ行政ドットコムについて
本行政ドットコム使い方
メールお問い合せ
家会社概要
ペンサイトマップ

Copyright©行政ドットコム
All rights reserved.