知って得する行政サービス情報サイト

行政ドットコム

ひとり親家庭等医療費の助成

この制度は、ひとり親家庭等(離婚、死別、父または母の重度の障害など)の方が、保険証を使って医療機関等で診療・調剤などを受けたときの保険診療に係る医療費の自己負担分の全部または一部を助成することにより、ひとり親家庭等の保健の向上に寄与するとともに、福祉の増進を図ることを目的としています。

対象となる方:
次のいずれかに該当する18歳(中度以上の障害を有する場合は20歳未満)までの児童と、その児童を養育し杉並区に住所がある父または母で、国民健康保険や社会保険等に加入している方。

・父母が離婚した後、父または母と生計を異にする児童
・父または母が死亡した児童
・父または母が重度の障害(おおむね身体障害者障害程度等級2級以上)を有する児童
・父または母が生死不明である児童
・父または母に引き続き1年以上遺棄(父または母が同居せずに監護(監督・保護)義務を放棄していることをさします。家庭の不和による別居などは該当しません。)されている児童
・父または母が配偶者からの暴力(DV)で裁判所から保護命令を受けた児童
・父または母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
・婚姻によらないで生まれ、父または母と生計を異にする児童

※ただし、次のいずれかに該当するときは、助成が受けられません。:
・申請者または扶養義務者等の前々年の所得が所得制限限度額以上のとき
・児童が児童福祉施設等に入所、もしくは里親に委託されているとき
・児童が母または父の配偶者(上記3の状態にある父または母を除く)と生計を同じくしているとき(配偶者には事実上の配偶者を含みます。)
・生活保護を受けているとき
・医療費が他の公費等で賄われるとき

助成の範囲:
医療機関等で支払う保険診療に係る医療費の自己負担分について一部負担金を除いた額を助成します。

一部負担金:

申請者または扶養義務者等のいずれかが住民税を課税されている方:
■外来:
医療費の1割負担(個人ごと) 月額上限 12,000円
■入院:
・医療費の1割負担(個人ごと) 月額上限 44,400円
・食事療養標準負担額
・または生活療養標準負担額

申請者および扶養義務者等の住民税がともに非課税の方:
■外来:
医療費の負担はありません
■入院:
食事療養標準負担額、または生活療養標準負担額
本サービス一覧に戻る

次項有トップに戻る

病院病院を探す
都内お近くの病院を見つけることができます。
家育児・教育施設を探す
お近くの育児、教育施設を見つけることができます。
車椅子介護・高齢者施設を探す
お近くの施設を見つけることができます。

1ぴったり検索
利用出来る行政サービスの多い順にランキングでご紹介
2地域別行政サービス検索
都内地域別に行政サービスをご紹介
3行政用語集
意味の分からない言葉や用語の解説です
メモ行政ドットコムについて
本行政ドットコム使い方
メールお問い合せ
家会社概要
ペンサイトマップ

Copyright©行政ドットコム
All rights reserved.