知って得する行政サービス情報サイト

行政ドットコム

境界層該当措置について

介護保険のサービス費用の負担額や保険料を支払ってしまうと生活保護を必要とするが、それより低い所得段階のサービス費用の負担額や保険料であれば生活保護を必要としなくなる場合に、より低い基準を適用する制度です。

福祉事務所に生活保護の申請をして却下になったとき、あるいは生活保護が廃止になったときに、福祉事務所から「境界層該当証明書」の交付を受けて介護保険課に申請してください。生活保護を必要としない段階になるまで次の順で適用します。

措置の内容:

1.徴収権消滅分保険料があっても給付額の減額を行わない。
2.介護保険施設サービス等の居住費・滞在費の負担限度額をより低い段階とする。
3.介護保険施設サービス等の食費の負担限度額をより低い段階とする。
4.高額介護サービス費を算出する際の負担上限額の段階を下げる。
5.介護保険料の所得段階をより低い段階にして負担額を軽減する。
本サービス一覧に戻る

次項有トップに戻る

病院病院を探す
都内お近くの病院を見つけることができます。
家育児・教育施設を探す
お近くの育児、教育施設を見つけることができます。
車椅子介護・高齢者施設を探す
お近くの施設を見つけることができます。

1ぴったり検索
利用出来る行政サービスの多い順にランキングでご紹介
2地域別行政サービス検索
都内地域別に行政サービスをご紹介
3行政用語集
意味の分からない言葉や用語の解説です
メモ行政ドットコムについて
本行政ドットコム使い方
メールお問い合せ
家会社概要
ペンサイトマップ

Copyright©行政ドットコム
All rights reserved.